ほうれい線消す > ほうれい線消すケアは、原因を知ることから始めよう

ほうれい線消すケアは、原因を知ることから始めよう

わたしたちがさまざまな表情を作るとき、顔の筋肉が相互に作用して、目や口、頬や鼻などを動かします。このような表情筋は、年を重ねていくうちに筋力が低下していきます。表情筋が衰えれば皮膚を支える力も弱くなります。そして、肌がたるみ、しわになってしまうのです。

ほうれい線は、頬の筋肉が衰えて下に落ち、溝が刻まれた形といえます。 また、長い期間歩かないと足の筋力が落ちてしまうのと同じように、表情筋も使わなければ機能が低下します。表情筋も動かしにくいのは、重力に逆らう方向です。

口を開けるとき、唇の両端を持ち上げるより、下げたままのほうが重力の抵抗がありません。思いきり大きく開くより、小さく開けるほうがずっと楽です。このような習慣を続けていると、筋肉は生まれてから鍛えてきた力を維持できず、失っていってしまいます。

ほうれい線は、肌の老化も大きな原因です。朝、目覚めたときに、頬に枕やシーツなどの跡が残っていることはありませんか? 年をとるとそれが消えるまでに時間がかかるようになってきます。若い頃に比べて、肌からハリが失われているからです。ほうれい線を消す化粧品を上手に活用しないと、ほうれい線のミゾは一層深くなります。

ハリのある肌は弾力性に富み、外部からの圧力などを押し返し、復元する力が確保されています。しかし、ハリをなくすと、元に戻らなくなり、癖がつきやすくなります。そして、深いしわ、ほうれい線が刻まれたままになるのです。

意外にも10代や20代という若い世代で、ほうれい線に悩む場合があります。生まれつき、ほうれい線ができやすい骨格や筋肉のつきかた、肌質などを持っているケースもあるのです。 さらに、紫外線などの外的刺激、喫煙や睡眠不足、ストレスなどによって、ほうれい線が深くなることがあります。

特に喫煙は、肌のハリを保つコラーゲンの生成に必要なビタミンCを大量に消費してしまいます。喫煙者は、実年齢より老けて見える傾向があり、ほうれい線だけでなく、多くの皮膚のトラブルを抱えがちです。